アクアリウムハジメマシタ!!

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いをご存知ですか!?

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いをご存知ですか!?

自宅で仕事をするテレワークはコロナウイルスの蔓延による出社自粛で一般的な働き方になった感があります。一方よく似た言葉にリモートワークがあります。テレワークとリモートワーク、どちらも働き方を表すのですがそういえば何が違うのかあまり考えたことが無いかもしれません。ということで今回の「今さら聞けないチガイ」シリーズはテレワークとリモートワークの違いについてです。

テレワークとは!?

テレワークは総務省によって

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。
と定義されています。総務省が遠隔勤務のことをテレワークと定義づけているので、ニュースや新聞の報道ではテレワークと表現していますね。

テレワークは英語で「Tele work」と書き、Tele:遠隔、Work:働く、なのでそのまま「遠隔で働く」という意味になります。会社員でありながら会社からは離れ、就業場所に囚われず自宅やサテライトオフィスで働くということですね。

テレワークはコロナ禍最中の現在ではおもに自宅から遠隔で業務を行うことを指す言葉として使われています。
参考 テレワークの推進総務省

リモートワークとは!?

リモートワークは英語で「Remote work」と書き、テレワークと同じく「遠隔で働く」という意味です。そのためテレワークとは言葉の表現が違うだけで働き方としては同じ遠隔勤務ということですね。

とはいえ、WebやIT系の業界では慣例としてデザイナーやエンジニアが、カフェやコワーキングスペースを利用することを指して「リモートワーク」と言うことが多いです。

テレワークとリモートワークの違いまとめ

  • テレワークとリモートワークの言葉の意味は同じ「遠隔で働く」
  • 遠隔で働くことを総務省が「テレワーク」と定義している
  • 総務省にならってニュースや新聞ではテレワークと表現する

テレワークを6年間導入してみて分かったこと・やった方が良いこと テレワークを6年間導入してみて分かったこと・やった方が良いこと テレワーク導入のために必要な3つのポイント テレワーク導入のために必要な3つのポイント テレワークに向いている 仕事内容 テレワークに向いている 仕事内容