「金利」と「利回り」の違いをご存知ですか!?

今更聞けない違いシリーズ

お金がほしい!みんな思ってますよね(笑 特に使う目的がなくても、贅沢したいわけでなくても、、、あって嬉しい以外の何モノでもありません。そんな時にさて投資か貯金かという話になりますが、金利利回りの違いってご存知ですか!?ということで今回の「今さら聞けないチガイ」シリーズは金利と利回りの違いについてです。

今更聞けない違いシリーズ 利息と利子の違いをご存知ですか!?

金利とは!?

タンス貯金は金利0%ですが銀行に預金すると多少なりとも金利があります。さてこの金利ですが一般的には元本が変動しないものに対して使われます。「金利○%」といえば預ける元本に対して1年間でいくらの利息がもらえるのかという指標です。例えば銀行に100万円預けて1年後に5万円の利息がもらえて105万円になった場合、金利は5%ということになります。ここまでの話をまとめると金利とは1年間における元本に対する利息の%ということになります。

利回りとは!?

金利が基本的に元本が変動しない前提であることに対して利回りは変動する場合もあります。利回りという言葉は不動産や株式、事業なんかへの投資の場合によく使われますよね。

端的には利回りとは収益率のことになりますが、例えば100万円が5年で倍になった場合、年平均20万円の収益になります。20万円は100万円の20%なので利回りは20%ということになります。つまり利回りとは収益の予想指標と考えても問題ありませんね。うまくいけばもっと儲かるし、ダメだと最悪元本も割れてしまうということになります。

金利と利回りの違いまとめ

  • 金利は元本が変動しない
  • 利回りは投資などによく使われ、元本変動が想定される
  • 利回りは収益率のこと

利子とは!?

ここで利子とか利息という言葉もよく耳にします。以前に利息と利子の違いの記事を書いたので是非ご覧ください。

今更聞けない違いシリーズ 利息と利子の違いをご存知ですか!?