アクアリウムハジメマシタ!!

簡単解説ヒーターの選び方|アクアリウム初心者マニュアルvol.003

ヒーターの選び方|アクアリウムを始めるための初心者マニュアルvol.003

ここまで水槽と濾過器というアクアリウムの設備としては主役の2つの説明をしてきましたが、今回はヒーターです。人もエアコンや着衣で調整するように、お魚などの生物も水温の調整をしてあげなければいけません。実際自然界では寒い冬の時期に暖かい地域に映ったり、水温変化の少ない深いところに移動したりします。逆に暖かい時期は岸に違いところまででてきたりします。

アクアリウムの場合は環境をお魚さんが自ら移ることはできないので、ヒーターやクーラーで温度調節してあげます。今回はそんな温度調節のためのヒーターについてAzumacchiに教えてもらいます。

ヒーターの選び方

シュレさま

さぁ、Azumacchi。今回は何の話?
シュレさま、今回はまずはヒーターの話だよ。

Azumacchi

シュレさま

まずは・・・??
いやさ、できればヒーターだけじゃなくてクーラーの話も温度調整ってことでやりたいんだよ。

Azumacchi

シュレさま

まぁ、あまり長くならないんだったら良いけどね。。。
シュレさまそういう問題じゃないよ。

Azumacchi


シュレさま

じゃーさ、さっそくヒーターの話お願い。
うん。まず、ヒーターとかクーラーで温度調節が必要な理由から説明するね。

Azumacchi

シュレさま

いいよ。
まずさ、魚をはめとする水中の生き物はさ、水温が安定せずに上がったり下がったりすると体力が落ちてしまうんだよ。

Azumacchi

水中の生き物は温度が安定しないと体力を消耗する。

シュレさま

体力が落ちるとなんかよくないの?
よくないよ。例えば魚だと体力が落ちると寄生虫とか病気にかかりやすくなるんだよ。人もそうでしょう?体力が落ちてる時に風邪ひきやすくなったりね。

Azumacchi

魚は体力が低下すると寄生虫とか病気にかかりやすくなる。

シュレさま

ボクは猫だよ。
あ・・・そうだね。まぁそれはさておき、とにかくアクアリウムでお魚をうまく育ててあげるには温度調整は必須なんだよ。

Azumacchi

アクアリウムでうまく魚を飼うには温度調整は必須。

シュレさま

じゃーおすすめのヒーターは?
シュレ様ちょっとまって。その前にヒーターといってもいろいろあるから、まずはヒーターの種類を説明するよ。

Azumacchi

アクアリウムの水槽用のヒーターにはいろんな種類がある。

シュレさま

わかったよ・・・。
まずはオートヒーターね。オートヒーターってのは最初から設定されてる温度があって、その温度に自動で調整してくれるヒーターなんだよ。23度用とか26度用ってのがあるんだけど、設定温度が初期設定から変えられないのが難点だね。

Azumacchi

オートヒーターはあらかじめ設定されている温度に自動で調整してくれるが、設定温度の変更はできない。

シュレさま

便利そうだけど不便そうだね?
そうだね。あとサイズ的にもどうしても大きいものが多いんだよ。ただ、比較的安価なものが多いよ。まぁあれだね、よくいうエントリーモデルってやつだよ。

Azumacchi

オートヒーターは大きいのものが多いが安価な傾向にある。

シュレさま

他には?
うん、次はヒーターとサーモスタットが一緒になってるものがあるね。

Azumacchi

ヒーターにはサーモスタットが一体になったものがある。

シュレさま

ふ〜ん。サーモスタットって何?
シュレさまサーモスタットはね、温度を自由に設定できて、ヒーターをコントロールしてくれる道具って覚えといて。

Azumacchi

サーモスタットは設定した温度に合わせてヒーターをコントロールしてくれる。

シュレさま

なるほどね。オートヒーターじゃなくてサーモスタットとヒーターの方が良いところってあるの?
あるよ。オートヒーターって温度の設定を変えられなかったでしょ?サーモスタットはそれができるんだよ。

Azumacchi

サーモスタットは温度設定が自分でできる。

シュレさま

便利そうだね。めんどくさそうだけど。
え?w まー聞き流すとして。いろんな魚なんかを飼いだすと、その魚に合わせてこまめに設定温度を変える必要性がでてくる時があるのと、違う魚を違う水槽で飼う場合にも使えるよね。

Azumacchi

サーモスタットだと環境や状況に合わせて使いまわせる。

シュレさま

たしかにね。他にサーモスタットだと良いところあるの?
次はデメリットかな。1つ目のデメリットはサーモスタットが壊れるとヒーターの制御ができなくなる点かな。

Azumacchi

シュレさま

他には?
サーモスタット内臓だとサーモスタットが壊れるだけで、ヒーターも買い替えなくちゃいけなくなる。

Azumacchi

デメリットは2つ。1つはサーモスタットが壊れるとヒーターのコントロールができなくなる点。もう一つは内蔵型だとサーモスタットが壊れた場合にヒーターごと買い替えが必要になる点。まぁテレビデオみないなものさ。

シュレさま

それは困る・・・。
ってシュレさまみたいに言う人がいるよね。そこで次はヒーターとサーモスタット分離型。

Azumacchi

シュレさま

良いのがあるんだね。
だね。

Azumacchi

ヒーターとサーモスタットが別になった商品もある。

シュレさま

ほう?
まぁ、これは単純にヒーターとサーモスタットを別々に買うだけなんだけどね。まーまとめてパッケージになってるのもあるけど。

Azumacchi

シュレさま

そうなの?単純な話だな。
単純な話だけど、良い点もあるよ。それぞれ予備を買っておけば、壊れてもすぐ対応できるよね。

Azumacchi

ヒーターとサーモスタット別体型は予備を用意しやすい。

シュレさま

たしかにね。ただそれだけじゃな・・・一体になってるのも高くつくのかもしれないけど、予備買っておけば良いじゃん。
別体型は実はもっと良いメリットがあるんだよ。

Azumacchi

シュレさま

それを先に教えてよ。
はい。。。別体型だと圧倒的にカスタマイズ性が高いよね。だから玄人になってくると別々に購入してうまく調整してる人が多いよ。

Azumacchi

ヒーターとサーモスタットを別々に買うとカスタマイズ性が高い。

シュレさま

ふ〜ん。で、おすすめのヒーターは?
急ぐね。。。シュレさまは初心者だからオートヒーターでって言いたいところだけど、おそらくまだ飼いたい魚決まってないだろうから、別体を進めるよ。扱いはそれほど難しくないしね。

Azumacchi

シュレさま

はいはい。で、おすすめは?
おすすめは、「ジェックス セーフカバーナビパック SH300」かな。同じメーカーのものがパッケージになってるからヒーターとサーモスタットの相性も良いと思うしね。

Azumacchi

シュレさま

はいよ。
まー一応オートヒーターのおすすめはのせておくよ。

Azumacchi


シュレさま

とりあえず、ヒーターの種類は分かったよ。早く選び型教えてよ。
いいよ。ヒーターを選ぶポイントは水槽サイズっていうか水量に合ってるかどうかだね。

Azumacchi

ヒーターは水量に合わせて選ぶ。

シュレさま

ところでヒーターって水槽のときみたいに、LとかMとかってサイズで決まってないんだよね?
だね。

Azumacchi

シュレさま

「だね。」じゃなくて、どういうサイズで決まってるのか教えてよ。
はいはい。ヒーターはW(ワット)でサイズが決まってるんだよ。50Wのヒーターより100Wのヒーターの方が大きいサイズということになる。

Azumacchi

ヒーターは水量に合わせて選ぶ。

シュレさま

どういう目安で選ぶの?
水量とヒーターには大体の基準値みたいなのがあって、例えば40cm(横幅)で水量が30リッター以下なら75Wヒーターとかね。

Azumacchi


シュレさま

なるほどね。ボクが選んだ水槽だとどれくらいがいいの?
シュレさまの選んだ水槽だと「90cm×45cm×45cm」だからジェックスのセーフカバーナビパック SH300あたりがおすすめだよ。

Azumacchi

あ、あとヒーターが思ったより長くなっちゃったんで、クーラーについては次回にするよ。

Azumacchi

ヒーターは水量に合わせて選ぶ。

水量に応じたおすすめヒーター

水量 水槽サイズ 推奨W(ワット) おすすめヒーター
10L以下 30cm以下 50W以下 スタンディ 36 [観賞魚用ヒーター]
30L以下 40cm以下 75W スリーエスヒーター 75W
35L以下 45cm 100W NEWプロテクトプラス 100W NHS-071
60L以下 60cm 150W NEWプロテクトプラス 150W NHS-072
100L以下 5cmキューブ
60cmワイド
200W NEWプロテクトプラス 200W NHS-073
150L以下 90cm 300W セーフカバーナビパック SH300

ヒーターの目的と選び方まとめ

さて、今回はアクアリウムの水槽ヒーターの選び方でしたが、Azumacchiの説明はいかがでしたか?残念ながらボリュームが多かったのでクーラーは次回の記事で説明します。ヒーターについて分からないところとか聞きたいところはいつでもコメントください。最後にヒーターの選び方をチェックリストでまとめておきましたので、参考にしてください。次回はアクアリウム水槽のためのクーラーの選び方です。

アクアリウムにおけるヒーターの目的

  • 水をあたためて水温をあげるため
  • 水温をあげるだけはなく水温を安定させるため

アクアリウムにおけるヒーターの選び方

  • ヒーターはオートヒーターとサーモスタット内蔵型、サーモスタット・ヒーター別体型がある
  • ヒーターは水量や水槽サイズに合わせて選ぶ
  • ヒーターのサイズはW(ワット)で見る

Azumacchiおすすめの水槽5点セット

最後にシュレさま希望の90cm×45cm×45cm水槽がセットになった商品も紹介しときます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください