「交番」と「駐在所」の違いをご存知ですか!?

今更聞けない違いシリーズ

街を安全に、安心にしてくれている「交番」と「駐在所」。日本の治安が良いのも「交番」と「駐在所」のおかげ!なんて思ってます。ところでその「交番」と「駐在所」の違いをご存知ですか?「今さら聞けないチガイ」シリーズ、今回は「交番」と「駐在所」の違いについてです。

「交番」とは!?

交番」は繁華街や駅前に多くありが、地域住民の安心と安全のために交代制で街の治安を守るための詰所です。「交番」の名前の由来は「代でをする」からきているそうです。警察内部では「PB」とういう隠語が使われているそうです。

「駐在所」とは!?

地域の治安を守るという面では「駐在所」も「交番」と同じですが、「駐在所」は住み込みで勤務するための施設で、家族とともに生活できます。イメージ的には官舎つきの交番ですね。

「交番」や「駐在所」と「派出所」の違いは!?

「派出所」、こち亀の両さんでおなじみの「派出所」。「交番」や「駐在所」との関係は・・・

もともと「交番」のことを「派出所」と読んでいました。ということで「交番」=「派出所」です。

「交番」と「駐在所」は日本にこんなにある!

車で走って、街中を歩いてとしていたらよく見かける「交番」と「駐在所」ですが、いったい日本にどれだけの数あるかご存知ですか?
「交番」の数はなんと約6,600か所、「駐在所」の数はなんとなんと約8,100か所もあるそうです。

「警察署」「交番」「駐在所」の合計数の都道府県トップ5は、

1位 東京都 1,186
2位 北海道 778
3位 兵庫県 747
4位 大阪府 711
5位 神奈川県 666

予想通り東京がトップでした。愛知県は6位です。