新型コロナウイルスに関する政府等の支援策について調べてみた

「コレステロール」と「中性脂肪」の違いをご存知ですか!?

今更聞けない違いシリーズ

健康診断、人間ドックで恐いこと。結果ですよね!!(笑 年齢とともにビビる項目が増えてきますが、今回はその中でもコレステロール中性脂肪について。耳が痛い単語ですがコレステロール中性脂肪の差ってご存知ですか?ということで今回の「今さら聞けないチガイ」シリーズはコレステロールと中性脂肪の違いについてです。

コレステロールとは!?

コレステロールが体内で過剰になると・・・血管内に沈着して動脈硬化などの原因になります。こわいこわい・・・。

このコレステロール、まるで悪者かのように言われていますがホルモン(副腎皮質ホルモンや性ホルモン)の生成や細胞膜生成のための成分となったり、脂肪の消化を助けたりして体内で大活躍しています。いわゆる人間にとって必須成分というこになります。

ちなみに善玉コレステロール(HDL)とか悪玉コレステロール(LDL)とよく聞きますが、これって実は2種類のコレステロールがあるわけではないですよ!分子量の大きいものが善玉コレステロールと呼ばれ、分子量の小さいものが悪玉コレステロールなのです。

中性脂肪とは!?

中性脂肪は人間の脂肪の中で一番多くの割合だそうです。脂肪はそもそも体を動かすためのエネルギーとして、また体温を維持するために体に蓄えられています。こういった人間の生命活動で使われなかった中性脂肪は恐ろしいことに体内に溜まっていってしまいます。つまり体が必要としている量より多くの栄養やエネルギーを摂取したということになりますね。

世にも恐ろしい中年のぽっこりお腹はこの使われずに体内に余っていった中性脂肪ですよ。とはいえ中性脂肪も人間の生命活動には必要なものなので取りすぎが悪ということになります。中性脂肪自体が悪ではないのです。適度な食事と適度な運動を心がけましょう!

コレステロールと中性脂肪の違いまとめ

  • コレステロールと中性脂肪はそもそも別物
  • コレステロールも中性脂肪も生命活動には必須
  • コレステロールも中性脂肪も過剰になると悪
  • 善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の違いは分子量の違い