「ちり」」と「ほこり」の違いをご存知ですか!?

今更聞けない違いシリーズ

「うわぁ〜最近掃除できてないや!ほこりたまってきたなぁ〜!」なんてシチュエーションは多忙な日々を送っている方にはよくあるかもしれませんね。ところでちりがたまる、ほこりがたまる、両方聞いたことありませんか?ということで今回の「今さら聞けないチガイ」シリーズはちりとほこりの違いについてです。

ちりとは!?

ちりもほこりも物質としてなにか違うものを指すのかといえばそうではありません。実はちりとほこりの差はサイズの違いなのです。ちりは一般的には目で見て形がわかる程度の大きさのゴミなどのことを言います。漢字で小さい数は「分、厘、毛、糸、忽、微、繊、沙、、埃、渺、漠、模糊」と書きますがちりは10億分の1のことです。

ほこりとは!?

ほこりとはちりより小さいサイズのゴミなどのことを指し、小さい糸クズや土や砂などの目で見ても何かがよくわからないもののことをほこりと言います。軽すぎて宙をまっているようなイメージですね。漢字で書いた数の単位では10億分の1のちりに対して、ほこりは1つ小さい100億分の1のことです。

ちりとほこりの違いまとめ

  • 「ちり」も「ほこり」も物質的に違うものを指すわけではない
  • 「ちり」と「ほこり」の違いはサイズ
  • 「ちり」は漢字で書いた数の単位では10億分の1
  • 「ほこり」は漢字で書いた数の単位では100億分の1

漢字で書いた数の単位

漢字で書いた小さい数の単位の一覧載せておきますね。
ちりほこりもそもそもは数の単位のことなんですね。

名称 サイズ
分(ぶ) 10-1
厘(りん) 10-2
毛(もう) 10-3
糸(し) 10-4
忽(こつ) 10-5
微(び) 10-6
繊(せん) 10-7
沙(しゃ) 10-8
塵(じん) 10-9
埃(あい) 10-10
渺(びょう) 10-11
漠(ばく) 10-12
模糊(もこ) 10-13
逡巡(しゅんじゅん) 10-14
須臾(しゅゆ) 10-15
瞬息(しゅんそく) 10-16
弾指(だんし) 10-17
刹那(せつな) 10-18
六徳(りっとく) 10-19
虚空(こくう) 10-20
清浄(せいじょう) 10-21
阿頼耶(あらや) 10-22
阿摩羅(あまら) 10-23
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)  10-24