「伯父」と「叔父」の違いをご存知ですか!?

今更聞けない違いシリーズ

今回は「伯父」と「叔父」の違いです。口語だと同じ「おじ」なので漢字が違うということ自体あまり知られていないかもしれませんね。そこで今回の「今さら聞けないチガイ」シリーズはそんな「おじ」さん、あとは「おば」さんについての違いについてです。意外と厳密な使い分けがあるので覚えておきたいところです。

伯父とは!?

伯父さんとは、お父さんやお母さんの「お兄さん」のことか、あるいは姉の結婚相手の旦那さんのことを指します。「伯爵」の「伯」という時は「長」「頭」「統率者」といった組織やグループの「リーダー」のような意味合いがあり、尊敬の意味が込められた漢字です。

叔父とは!?

叔父さんとは、お父さんやお母さんの「弟さん」のことか、あるいは妹の結婚相手の旦那さんのことを指します。「伯」とは違い「叔」という字には「若い」とか「幼い」という意味があります。よって「叔父」さんとは父や母より若い兄弟のことを指します。

伯母さんや叔母さんも同じ!?

伯母」さんや「叔母」さんも「伯父」「叔父」と同じ意味になります。頭につく漢字で指す相手が変わってきます。

最後に小父、小母とは!?

伯父」「叔父」「伯母」「叔母」が全て血縁者を指す漢字であるのに対して、「小父」「小母」は近所のおじさんやおばさん、知り合いのおじさんやおばさんのことを指します。

口語では同じ「おじ」「おば」ですが、漢字にしたとたんにこれほど意味が変わってくるので書くときには注意したいところですね。