アパートとマンションの違いをご存知ですか!?

News@complesso.jp

アパートとマンションの違いをご存知ですか?不動産サイトの検索項目でもアパート or マンションを選べたりしますが、大きいのがマンション、小さいのがアパートくらいでいつも考えちゃっている人も多いのではないでしょうか?そこで今回はアパートとマンションの違いです。

アパートとマンションの違い

いきなり結論になってしまいますが、実はこの2つ、はっきりとした呼び方の区別の基準はないのです。というのは日本の建築物の基準である建築基準法上では「アパート」も「マンション」も「共同住宅」という扱いでありその基準に違いはないということです。

不動産業界でのアパート

マンションよりなんとなく安いイメージのあるアパートですが、多くは木造もしくは軽量鉄骨の2階建くらいの建物のことをアパートと呼ぶそうで、準耐火の低層の建物になります。「コーポ」や「ハイツ」、「〜荘」などとなっているものはアパートに分類されるケースが多いと思います。またエレベーターのついてない建物が多いのも特徴です。

不動産業界でのマンション

アパートとは逆に高級そうなイメージのあるマンションですが、実際にはだいたい3階建以上の中〜高層で鉄骨や鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造りの建築物のことをマンションと呼ぶことが多いそうです。もちろんこちらは耐火物件となっています。マンションの多くは管理人の方がいたり、エレベーターがあるケースがほとんどです。

マンションという呼び名への違和感

以前テレビ番組で帰国子女の方がおっしゃってましたが、日本でマンションと言われている建物にはとても違和感があるそうです。アメリカなどの英語圏の方がイメージするマンションは豪邸のことのようです。実際英語でマンションというと、普通は富豪の大邸宅や豪邸のことを意味するようです。マンションは英語では「an apartment」や「an apartment house(building)」、 「a block of flats」(英国で多い)と呼びます。ですので「I live in a mansion」なんて自己紹介すると、とんでもない勘違いをされますね。

アパートのおすすめポイント

一番は価格面で安価だというところではないでしょうか?同クラスの間取りでもアパートの方が安いことがほとんどです。また駐車場も安くなっているケースが多いですね。他には木造建築のアパートについては通気性が良いなどの特徴もあります。

マンションのおすすめポイント

マンションのおすすめポイントとしては、遮音性・耐震性・耐火性がもっとも大きいポイントではないでしょうか?これは鉄骨や鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物がほとんどだからです。また、アパートと違い、ある一定以上のセキュリティは施されてます。

アパートのいまいちポイント

アパートはその構造上マンションに比べると耐震性や耐火性に劣りますます。また遮音性もそれほど高くないためお隣や上下階の住人の方によっては騒音に悩まされるケースもあります。その他では簡単に玄関前までいける設計の建物が多いなど、セキュリティ面での不安があります。

マンションのいまいちポイント

さきほどアパートに比べて高級そうである、と記載しましたが実際のところその構造上仕方ないのですが賃料等がアパートに比べると高くなります。またエレベーターや管理人費用のための管理費も高くなってしまいますね。他には高層階に居住している場合忘れ物をとりに戻るのがめんどくさいなどの些細なデメリットもあります。

アパートとマンション比較まとめ

ここまでの内容を表にまとめてみました。

アパート マンション
価格
管理費
耐震性
耐火性
遮音性
セキュリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください