アクアリウムハジメマシタ!!

Windows10で復元ポイントを作成する方法

Windows10で復元ポイントを作成する方法

復元ポイントを作っておくとWindows10に何らかのトラブルがあった場合に、以前作った復元ポイントの状態にWindows10を戻すことができます。パソコンは新しいソフトをインストールしたりした時はまだしも、突然調子が悪くなることもあります。そんな時に壊れたと思って新しいパソコンを買うと言うのは本当にもったいないことです。復元ポイントを作っておくことでこういったトラブルに対処し長くパソコンを使えるようにしましょう。ということで今回はWindows10で復元ポイントを作成する方法です。

復元ポイントはいつ作れば良いのか!?

復元ポイントは特に大きな変更をパソコンに加えるときには事前に作っておくことをおすすめします。大きな変更というのは大型のシステムアップデート新しいソフトウェアやアプリケーションをインストールすることなどです。また定期的にデータのバックアップを取るように、システムの復元ポイントについても定期的に作っておくと、より安心なパソコンライフを送れます。ということで早速Windows10での復元ポイントの作り方について紹介します。

復元ポイントを作るタイミング

大きな変更をパソコンに加える前

月に1回など定期的に

復元ポイントの作り方

1

Windows10で復元ポイントを作成する方法

デスクトップ左下の白い入力欄(上の画像の赤枠の部分)に復元ポイントと入力します。

2

Windows10で復元ポイントを作成する方法

Windows10で復元ポイントを作成する方法

オープンしたメニューから復元ポイントの作成をクリックします。もし出てこないこない場合は打ち間違いがないかなど確認してください。

3

Windows10で復元ポイントを作成する方法

システムのプロパティ画面がポップアップしました。まずは保護の有効化をする必要があるので、ドライブを選択して構成をクリックしてください。

4

Windows10で復元ポイントを作成する方法

初期設定だとシステムの保護を無効にするとなっているところをシステムの保護を有効にするにチェックを入れ替えてください。チェックしなおしたらOKをクリックします。

5

Windows10で復元ポイントを作成する方法

いよいよ復元ポイントを作成します。復元したいドライブを選んだ状態で作成をクリックします。

6

Windows10で復元ポイントを作成する方法

復元ポイントはいくつでも作成できます。後ほど復元ポイントを利用する時に内容が分かるように復元ポイントに名前を付けます。作成時の日時についてはWindows10が自動で付けてくれます。名前の入力が終わったら作成をクリックします。

7

Windows10で復元ポイントを作成する方法

復元ポイントの作成が開始されると復元ポイントを作成しています…という表示とともにプログレスバーが表示されます。完了すれば復元ポイントは正常に作成されましたという文言とともに完了画面が表示されるので閉じるをクリックします。これで復元ポイントの作成は完了です。

まとめ

文頭の話のようにパソコンは予期せぬトラブルがつきものです。復元ポイントは手間なく作ることができるので、本当にこまめにとっておいた方が安心です。最後になりましたが、復元ポイントで作成されるバックアップはインストールされているプログラム・ドライバ・システムファイル・設定のようです。作成したデータ等は別にファイル履歴データをとっておくと安心できます。

Windows10でのファイル履歴保存の設定方法 Windows10でのファイル履歴保存の設定方法