アクアリウムハジメマシタ!!

Windows10のメールアプリにGmailを追加する方法

Windows10

Googleの提供しているGmail(ジーメール)はブラウザから利用できるWebメールで、パソコンやスマートフォンなど端末を問わずにどこからでもアクセスできる便利なサービスです。メインのメールアドレスとして利用している方も多いのではないでしょうか。

Windows10には標準でメールアプリが搭載されています。Windows10標準品で親和性も高く、メールの受信時にはデスクトップに通知を出す機能もあります。実はこのメールアプリにGmailアカウントを追加して使うこともできるんです。今回はWindows標準のメールアプリにGmailアカウントを追加して利用する方法を解説していきます。

Windows10のメールアプリの起動

Windows10のメールアプリにGmailを追加する方法

メールアプリの起動

Windows10のメールアプリにGmailを追加する方法

Gmailを選択

メールアプリを起動します。スタートメニューを開き、「メール」のタイルをクリックします。起動するとまず追加するメールアカウントの種類を問われるので、Gmailをクリックして進みます。

メールアプリにGmailアカウントを追加

Windows10のメールアプリにGmailを追加する方法

使用したいGmailアドレスを入力

Windows10のメールアプリにGmailを追加する方法

Gmailアカウントのパスワードを入力

メールアプリにGmailアカウントを追加します。使用したいGmailアドレスとパスワードを入力してそれぞれ「次へ」をクリックしてください。
Windows10のメールアプリにGmailを追加する方法

アカウントリクエストの許可

Windows10のメールアプリがGmailアカウントの情報にアクセスする許可を求めてきます。内容を読んで問題なければ「許可」をクリックしてください。
Windows10のメールアプリにGmailを追加する方法

Gmailアカウント追加完了

Windows10のメールアプリにGmailを追加する方法

Gmai追加完了後のメイン画面l

最後に表示される画面で「完了」をクリックすればメールアプリへのGmailアカウントの追加作業は完了です。メールアプリメインの画面に移動後、少し待つと受信メールが同期されます。