新型コロナウイルスに関する政府等の支援策について調べてみた

Photoshopのトーンカーブで柔らかい画像に加工する方法

Photoshopの便利なショートカットまとめ

撮影した写真をそのまま使うんじゃちょっとなぁ、という時におすすめの方法の一つが淡い雰囲気の柔らかく優しい写真です。元の写真からかなり雰囲気も変わるしありきたり感はなくなりますね!ということで今回はPhotoshopのトーンカーブで柔らかい画像に加工する方法を紹介します。

今回は下の写真で進めます。きれいな写真なのですが少し色が強いなぁと感じたので、少し柔らかさをだしたいのでトーンカーブを調整して全体的に淡い感じにしていきます。

お茶の新芽

お茶の新芽

トーンカーブとは!?

Photoshopではトーンカーブの調整ができます。トーンカーブとは画像(写真やイラスト)の明るさ自体と明るい暗いの比率などをお好みに調整するための機能です。一般的に画像(写真やイラスト)では硬い写真・柔らかい写真のような表現をしますが、トーンとは調子という意味でその硬軟のことを言います。トーンカーブを調整するためにはヒストグラムの理解が必要になってくるので、ここでは少しそちらについて説明します。

ヒストグラムを使いこなす

ヒストグラム

ヒストグラム

ヒストグラムは先ほどでてきた画像(写真やイラスト)の明るさ自体と明るい暗いの比率などを見える化するためにグラフ風になっています。トーンカーブとはこの真ん中にある線のことを言います。この線を調整して写真の明るさ自体と明るい暗いの比率などを変えていきます。

線をS字にした場合

ヒストグラム

ヒストグラム

中央の線をS字に曲げていった場合は画像(写真やイラスト)がどんどん明るくなっていきます。
線をS字にした場合

線をS字にした場合

線を逆S字にした場合

ヒストグラム

ヒストグラム

中央の線を逆S字に曲げていった場合は画像(写真やイラスト)がどんどん暗くなっていきます。
線を逆S字にした場合

線を逆S字にした場合

ここまでで簡単なトーンカーブとヒストグラムの使い方については終わりです。
ここからは実際に写真を淡く柔らかい写真に加工する方法を紹介します。

トーンカーブを調整して加工する流れ

ざっくりとした流れを確認してから説明にはります。
ここではあくまでざっくりとした流れを見ておいてください。

手順1
新規調整レーヤーを追加する
まずは新規調整レイヤーを追加してトーンカーブを調整していく準備をします。
手順2
属性パネルで色の調整
トーンカーブの属性パネルを使ってレッド・グリーン・ブルーの色の入力・出力を調整します。
手順3
属性パネルで明るさの調整
最後にトーンカーブの属性パネルで明るさの調整をします。

新規調整レーヤーを追加する

新規調整レイヤーの追加

新規調整レイヤーの追加

まずは新規調整レイヤーを追加します。
「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「トーンカーブ」の順でメニューを選択してください。

新規調整レイヤーの追加

新規調整レイヤーの追加

ダイアログがでますが、そのまま「OK」を押します。

属性パネルで色の調整

色の調整はレッド・グリーン・ブルーと3種類あります。写真に合わせてその3種類をうまく調整していくことになると思います。どんな風に加工したいかイメージしながら調整していくことがポイントです。

レッドの調整

まずはレッドから調整します。

トーンカーブの調整

トーンカーブの調整

左の画像の赤枠部分に注目してください。まずはセレクタブルボックスから「レッド」を選択します。中央の右上がりの線の真ん中をつかんで少し右下にさげます。もしくは入力に140、出力に90と数値を入力します。

グリーンの調整

次はグリーンの調整です。

トーンカーブの調整

トーンカーブの調整

左の画像の赤枠部分を参考にグリーンについてはセレクタブルボックスから「グリーン」を選択します。レッドと同じように中央の右上がりの線の真ん中をつかんで少し左下にさげます。もしくは入力に110、出力に95と数値を入力します。

ブルーの調整

トーンカーブの調整

トーンカーブの調整

左の画像の赤枠部分を参考にブルーについてはセレクタブルボックスから「ブルー」を選択します。ブルーに関しては今回は入力に225、出力に230と数値を入力します。

属性パネルで明るさの調整

最後に属性パネルのRGBで仕上げを行います。

属性パネルで明るさの調整

属性パネルで明るさの調整

左の画像の赤枠部分を参考にセレクタブルボックスから「RGB」を選択します。他と同じように中央の右上がりの線の真ん中をつかんで少し上にあげます。もしくは入力に130、出力に190と数値を入力します。あとRGBに関しはもう一点出力0と入力60のポイントを作ります。

完成

これで完成ですので見比べてみます。トーンカーブを調整した後の方が画像(写真やイラスト)自体が柔らかくなっていると思います。一般的に左硬い画像、右が柔らかい画像という表現をします。

トーンカーブで加工前

トーンカーブで加工前

トーンカーブで加工後

トーンカーブで加工後

Photoshopでトーンカーブを調整して写真やイラストを柔らかくする方法でした。