アクアリウムハジメマシタ!!

「カフェオレ」と「カフェラテ(カフェラッテ)」の違いをご存知ですか!?

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)の違いをご存知ですか!?

カフェオレカフェラテ(カフェラッテ)、どちらも毎日飲んでる方もいるほど知られた存在です。ところでカフェオレと(カフェラッテ)ってどう違うのでしょうか?あんまり意識して飲んでることは少ないのではないでしょうか?今回の「今さら聞けないチガイ」シリーズは「カフェオレ」と「カフェラテ(カフェラッテ)」の違いについてです。

カフェオレとは!?

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)についてはなんとなく「コーヒーに牛乳(ミルク)をいれたもの」という印象がある方が多いのではないでしょうか?そしてその違いとなると「牛乳(ミルク)やその混ぜ方」の違いだと思っている方も多いのではないでしょうか?もちろん私もその一人でした。

カフェオレはフランス語です。正確には「カフェ・オ・レ」です。「カフェ」はもちろん「コーヒー」のことで、「オ」はフランス語の前置詞です。そして「レ」が「牛乳(ミルク)」の意味です。

フランス語表記
café au lait カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)の違いをご存知ですか!?イメージフランス国旗
カフェオレに使われるコーヒーはいわゆる普通のコーヒーで、牛乳(ミルク)との比率がそれぞれ50%です。

カフェオレ」と「カフェラテ(カフェラッテ)とは!?

カフェオレがフランス語なのに対してカフェラテ(カフェラッテ)イタリア語です。こちらも正確には「カフェ・ラッテ」です。「ラッテ」が「ラテ」と日本語で発音されるケースが多いようです。

イタリア語表記
Caffè Latte カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)の違いをご存知ですか!?イメージイタリア国旗
カフェオレと同じく「カフェ」はもちろん「コーヒー」のこと、そして「ラテ(くどいようですが、本当はラッテ)」が「牛乳(ミルク)」という意味です。カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)の大きな違いが、コーヒーの種類と牛乳(ミルク)との割合です。カフェラテ(カフェラッテ)でつかわれるコーヒーはエスプレッソコーヒーで、牛乳(ミルク)との割合が、牛乳(ミルク)が80%、エスプレッソコーヒーが20%になります。

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)の違いまとめ

  • カフェオレはフランス語、カフェラテ(カフェラッテ)はイタリア語。
  • カフェオレはコーヒーと牛乳(ミルク)がそれぞれ50%の割合
  • カフェラテ(カフェラッテ)は牛乳(ミルク)が20%、エスプレッソコーヒーが80%の割合