新型コロナウイルスに関する政府等の支援策について調べてみた

Photoshopのツールバー解説 vol.003

Photoshopのツールバー解説

Photoshopのツール解説vol.003です。
ツールバーの内容は使い切れないくらいの機能が満載ですが、中身と使い方を知らないと自分が使ったことがあるものだけで終わってしまいます。
そこで自分の備忘録のためにも基本のツールバーの機能をひとつずつ解説していきます。

vol.003では切り抜きツールとスライスツール2種の解説を致します。

切り抜きツール、スライスツールはトリミングに適したツールです。

切り抜きツール トリミング系

Photoshopのツールバー解説

切り抜き・スライスツール

「切り抜きツール」は一発でトリミングを確定できます。「スライスツール」系では画像をカットして保存します。
Photoshopのツールバー解説

遠近法の切り抜きツール

「遠近法の切り抜きツール」はトリミングのように切り抜きもしますが、斜めに配置されているものを自動で正面からの画像のように補正ができます。

切り抜きツール

このツールはトリミングをする時によく使います。

Photoshopのツールバー解説

切り抜きツール

Photoshopのツールバー解説
「切り抜きツール」はツールを選択すると画像上の四隅と辺の中央に拡大・縮小を調節するポイントが表示されます。

切り抜きツールの設定

切り抜きツールの設定はオプションバーによってサイズや比率、角度補正などの設定ができます。
Photoshopのツールバー解説

切り抜きツールのオプションバー

Photoshopのツールバー解説

切り抜きツール

ポイントのどれかをドラッグして切り抜きたい大きさを決めたら、「enter」キーまたはオプションバーの「○」で確定できます。「×」をクリックするとキャンセルできます。
Photoshopのツールバー解説

切り抜きツールの適用

確定をすると元画像にあったカットされた部分は消去されます。元画像は別で保存をしておく方がいいです。

画像を「背景」ではなく「レイヤー」にしてカンバスサイズを任意のサイズにすれば同じようにトリミングでき、後から画像の表示部分も移動できますし、カンバスサイズの変更も画像自体の大きさも変更できます。その場合ですとpsdでの保存になりますので容量が大きくなります。
「切り抜きツール」でのトリミングは元画像の不要な部分を削除するトリミングになりますので容量を小さくできます。

スライスツール

「スライスツール」は1枚の画像をカット・分割した画像にすることができるツールです。

ガイドを使ったスライス

Photoshopのツールバー解説

ガイドでのスライス

Photoshopのツールバー解説
スライスツールは「ガイドに沿ってスライス」ボタンを使うと切り取りたいサイズが決まっている場合、便利です。
ガイドを切り取りたい天地左右の位置に置きます。ガイドが引かれたラインの分だけ画像が分割されます。配置したらオプションバーの「ガイドに沿ってスライス」のボタンをクリックします。
MEMO
Photoshopのツールバー解説

ガイドを配置するときの注意

ガイドを配置する際は、きちんとピクセル上のキリのいい数値の上に置きましょう。なんとなくでガイドを置くと1ピクセルの間にもガイドの配置はできてしまいます。スライスをした時にカットしたい数値から1ピクセルずれる可能性があります。webサイト用画像を作成するときは1ピクセルのずれもweb上で影響する場合がありますので注意が必要です。
Photoshopのツールバー解説

Web用に保存(従来)

その後「ファイル」→「書き出し」から「Web用に保存」を選択します。設定画面からPNGやJPGの選択、画質などの設定をし、「保存」をクリックします。「完了」をクリックしますと設定を適用してカットした画像は生成されません。ショートカットは「コマンド⌘+option+shift+S」です。
この時CC以降に使用できる「PNGとしてクイック書き出し」や「書き出し設定…」(ショートカットは「コマンド⌘+option+shift+W」)ですとスライス画像の作成はできません。

スライスツールで囲んで作成

Photoshopのツールバー解説

スライスツールの使用例

スライスツールを選択して、そのままトリミングしたい箇所を四角くドラッグしても枠の設定ができます。
サイズの変更等は「スライス選択ツール」を使って作成したスライスの枠の四隅と辺のポイントを動かすことで設定できます。
「Web用に保存」を選択して表示される設定画面を見ると、作成したスライスの枠以外にも自動でスライスが作られ番号が振られています。「保存」をクリックするとスライスのラインがついていた分だけカットした画像が作られます。
Photoshopのツールバー解説

スライスツールの違う作り方

Photoshopのツールバー解説

スライスツール適用後の作成画像

カットされた画像は計5枚の画像になりました。

スライス選択ツール

Photoshopのツールバー解説
「スライス選択ツール」は「スライスツール」で作られた枠の移動やサイズ変更をすることができます。
Photoshopのツールバー解説

スライス選択ツール

「スライス選択ツール」にすると「スライスツール」で作った枠の四隅と辺にポイントが表示されます。
Photoshopのツールバー解説

スライス選択ツールの使い方

ドラッグして辺を移動させるか、枠ごと動かすことでカットされる枠を増やしたり、減らしたりできます。

スライスツールの削除の仕方

スライスツールは一度設定すると「スライス選択ツール」で移動やサイズ変更はできますが、そのままではスライスのラインが表示されたままになります。

Photoshopのツールバー解説

スライスの削除

作成したスライスの線を消す時は「表示」→「スライスを消去」で消すことができます。
その上の「スライスをロック」を選択するとスライスの枠が固定され、「スライス選択ツール」でも動かすことはできません。

遠近法の切り抜きツール

このツールはあまり出番がないので、自分は表示されているツールの中には入れていません。
でも画像合成には便利な機能になっていると思います。

Photoshopのツールバー解説

遠近法の切り抜きツール

デフォルトでは非表示のツールになっているかと思いますので、Photoshopのツールバー解説このアイコンのツールの中から選択してください。
Photoshopのツールバー解説

遠近法の切り抜きツール加工の元画像

この画像の中のカード1枚を正面から見えるような画像に切り抜いてみます。
注意
このツールはスマートオブジェクトになっていると使用できません。
Photoshopのツールバー解説

遠近法の切り抜きツール 選択の途中

斜めになっている切り抜きたい部分の角をクリックして選択して結んでいきます。形作れるのは四角形だけのようです。
Photoshopのツールバー解説

遠近法の切り抜きツールの使い方

選択をした後も微調整が可能です。角からずれていないか調整します。
「enter」キーを押すか、オプションバーの右端にあるオプションバーの「○」で確定できます。「×」をクリックするとキャンセルできます。
Photoshopのツールバー解説

遠近法の切り抜きツール オプションバー

Photoshopのツールバー解説

遠近法の切り抜きツールの適用後

斜めになっていたカードも正面から見たような形に補正されました。
選択方法も簡単で、ここまで補正してくれます。

例えば、作品やカードなどを机や床に置いて撮影をする時、完全な俯瞰から撮影するのは難しいです。このツールを使えば撮影が多少斜めになってしまっても大丈夫かと思います。

ぜひおためしください。