ジョセフ・レドモン「コンピューターはいかに物体を即座に認識できるようになったのか」-TED Talks レポート

2018/06/20話題のネタ
ジョセフ・レドモン「コンピューターはいかに物体を即座に認識できるようになったのか」-TED Talks レポート

画像処理システムに関するTED Talksです。スピーチしてくれるのは、Joseph Redmon(ジョセフ・レドモン)氏です。

https://www.ted.com/talks/joseph_redmon_how_a_computer_learns_to_recognize_objects_instantly?language=ja

YOLOシステムとは?

オープンソースの物体検知アルゴリズムです。
YOLOとは、”You Only Look Once”の略で、たった1度の画像認識で物体を全て検知するシステムです。
他の画像処理システムと違いとても高速なので、画像だけでなく、動画での物体検知を実装することができます。

Darknetとは?

YOLOシステムを実装することができるフレームワークです。オープンソースなので、無料で使うことができます。

Darknet公式サイト
https://pjreddie.com/darknet/yolo/

様々な分野での利用

学習させることで、自動運転車の障害物・標識の検知なども可能になります。ナイロビ国立公園では、YOLOを検知システムとして使って、動物の個体数調査をしたりと、医学・ロボット工学など様々な分野での利用が考えられています。

感想

YOLOシステム自体もすごいですが、一番驚いたのはこのシステム、Darknetがオープンソースでパブリックドメインのため無料で使えるという点です。ここまで高度なものが無料で使えるというのは、作る側にとっても嬉しいことです。

上記であげた以外にも、様々な分野・デバイスで使われていくと思うのでこれからも注目していきたい技術です。