今、話題の五平餅は岐阜だけじゃないですよ。

2018/05/28生活・暮らし
今、話題の五平餅は岐阜だけじゃないですよ。

今、朝ドラで話題の五平餅ですが、朝ドラの舞台は梟町という架空の町ですが、岐阜県恵那市当たりがモデルと言われております。そしてロケは岐阜県瑞浪市などでも行われたと聞きました。

そして五平餅が岐阜県や長野県のサービスエリアで番組開始前の9倍の売り上げがあったと言います。

江戸時代中期頃に木曽・伊那地方の山に暮らす人々によって作られていたものが起源

五平餅(ごへいもち)は、中部地方の山間部(長野県木曽・伊那地方、岐阜県東濃・飛騨地方、富山県南部、愛知県奥三河地方、静岡県北遠・駿河地方や山梨県)に伝わる郷土料理。粒が残る程度に半掲きにした粳米(うるちまい)飯にタレをつけ、串焼きにしたものである。「御幣餅」とも表記する。(ウィキペディア)

私の田舎は豊田市にありまして、くるまのトヨタですがだいぶ北部の方になります。昔からお祭りになると五平餅が必ず出てきてお祭りの晩御飯はこれでした。うちの方の定番はわらじ型で赤味噌にクルミなどを混ぜたタレ(辛くありません。どちらかというと甘い)で焼いてあるのですが、串が異様に幅広で大きいため子供の口には食べにくかったです。。。

岐阜だけじゃない、愛知県や長野県でも

名古屋市にも美味しい五平餅を売っているところありますよ。こちらはだんご型ですが、タレがたまりません。食べごろサイズでおやつにぴったりです。

丸二商店様の五平餅イメージ@complesso.jp

株式会社 丸二商店 五平餅

毎週 月曜日~木曜日 11時半より 毎週 土曜日 朝9時より販売。
〒461-0049 愛知県名古屋市東区古出来1丁目7-14 052-722-3550

丸二商店ホームページはこちら

 

そして、岐阜県恵那市が恵那市が店舗マップを作製したようです。豊田市も以前からwebで五平餅マップ掲載されています。岐阜県のも豊田市のも、長野県のもルーツは変わりません。どこの五平餅が本家本元などはないのです。どこのものも美味しいのは変わりませんので、食べ比べて自分好みをぜひ探してみてください。

豊田市の五平餅マップ
岐阜県恵那市の五平餅店舗マップ

スーパーで家で焼いて食べる五平餅セットが売っていました。トースターでも焼けますからお手軽です。製造元は岐阜でしたのでタレも本場の味になっているでしょう。

ブームで終わらずに、食べた人がリピートして長く愛されるといいなと思います。