カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)の違いをご存知ですか!?

etcカテゴリ@complesso.jp

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)、どちらも毎日飲んでる方もいるほど知られた存在です。ところでカフェオレと(カフェラッテ)ってどう違うのでしょうか?あんまり意識して飲んでることは少ないのではないでしょうか?「今さら聞けないチガイのわかるシリーズ」今回は「カフェオレと(カフェラッテ)の違い」です。

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)とは!?

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)についてはなんとなく「コーヒーに牛乳(ミルク)をいれたもの」という印象がある方が多いのではないでしょうか?そしてその違いとなると「牛乳(ミルク)やその混ぜ方」の違いだと思っている方も多いのではないでしょうか?もちろん私もその一人でした。

カフェオレとは?

カフェオレはフランス語です。正確には「カフェ・オ・レ」です。「カフェ」はもちろん「コーヒー」のことで、「オ」はフランス語の前置詞です。そして「レ」が「牛乳(ミルク)」の意味です。

フランス語表記
café au lait

カフェラテ(カフェラッテ)とは?

カフェオレがフランス語なのに対してカフェラテ(カフェラッテ)はイタリア語です。こちらも正確には「カフェ・ラッテ」です。「ラッテ」が「ラテ」と日本語で発音されるケースが多いようです。カフェオレと同じく「カフェ」はもちろん「コーヒー」のこと、そして「ラテ(くどいようですが、本当はラッテ)」が「牛乳(ミルク)」という意味です。

イタリア語表記
Caffè Latte

違いはカフェ(コーヒー)と牛乳の量にあり!!

コーヒーの違い

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)はともに「コーヒー牛乳」であることがわかっていただけたと思いますが、基本的にはその通りなのですが予想とは反して違いはコーヒーの方にあります。カフェオレのコーヒーはいわゆる普通のコーヒーです。それに対してカフェラテ(カフェラッテ)のコーヒーは「エスプレッソ」なのです。

牛乳(ミルク)の量の違い

多くの場合牛乳(ミルク)の量が違うケースが多く、

分量
カフェオレ=カフェ(50%)+牛乳(50%)
カフェラテ(カフェラッテ)=カフェ(20%)+牛乳(80%)

の割合で作るケースが多いと言われています。カフェラテ(カフェラッテ)の方がまろやかというか、マイルドというか、優しそう(特にお腹に)な感じがするのはカフェラテ(カフェラッテ)の方が牛乳(ミルク)が多く含まれているケースがよくあるからということになります。

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)の違いまとめ

カフェオレとカフェラテ(カフェラッテ)の違いは「コーヒーの違い」と「ミルクの量の違い」です。ただし、ミルクの量についてはそれぞれの好みとい場合もあるので、絶対的な違いは「コーヒー」の違いということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください