三重県松阪市のひふみ土地家屋調査士事務所代表者吉田様【Robot with】

ひふみ土地家屋調査士事務所

今回はひふみ土地家屋調査士事務所の代表者である吉田さまにPepperと一緒にお話をお伺いいたしました。ひふみ土地家屋調査士事務所では「土地や建物の調査と測量を行い、取引の安全確保や依頼者の財産を明確にする」ための業務を行い、トラブル解決の基礎となる調査・交渉だけでなく今後の土地活用なども含めたアイデアを出し、お客さまの土地の持つ価値をより高めるサポートを手がけていらっしゃいます。

ひふみ土地家屋調査士事務所

土地家屋調査士ってどんな仕事ですか?

一言でいうと、「不動産登記(表題登記)の代理手続き」です。あと、それに伴う調査・測量が主な業務です。一般的に登記=司法書士というイメージがあると思いますが、権利の登記=司法書士、物理的な登記=土地家屋調査士と、業務範囲が分かれています。具体的には土地の境界立会を行って測量をし、図面を法務局に提出したり、土地の分筆・合筆・地目変更登記手続きは土地家屋調査士の業務です。また、新築・増築された建物の登記手続きや取り壊した場合も土地家屋調査士の出番になります。

土地の境界にあるあの「頭の赤い杭」がそうですか?

そうですね。境界杭の設置もすることがあります。コンクリート杭・プラスチック杭・金属プレート・金属鋲などの種類があるのですが、境界杭があるからと言って必ずしもその杭が境界だとは限りません。お隣の承認なしに設置されたものであったり、ずいぶん昔に設置されてずれてしまっているものもあるので、杭があれば安心というわけではありません。XY座標付きの地積測量図があって、その図面と現地の境界杭が整合していれば一安心ですね。

最近ではGPSもかなり高精度になってきていると思いますが、例えばGoogle earthとかで測量はできないのですか?

Google earth での測量はできないですね(笑)。でも、距離や大体の面積なんかは確認できるので業務の最初の段階では確認用に利用させてもらったりはします。GPSは今は名称が変わって正確にはGNSSというのですけど、最近はだいぶ使いやすくなってきてますね。少し前までは設備費用も高額で時間もかかる測量だったんですけど、現場にもよりけりですが今は一人で1時間もかからず世界測地系の基準点を作れますので。作業効率もずいぶん上がってきていますね。

Pepperはどうでしたか??

正直なところ、今すぐに事務所で活用するのは難しいですね。ただ、最近の進化は本当に急速だと思うので、Ppperをはじめとするロボット業界にもアンテナは張っていないといけないですよね。事務作業や測量を手伝ってくれることを期待してます!

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください